ふわっち

ふわっちでBANになった!BANの種類と対処方法について

更新日:

急にふわっちで配信を見ることが出来なくなった、配信をできなくなったとしたら不安な気持ちになりますよね。

ただ、BANになったからといって、全ての方が今後配信ができなくなる訳ではありません。

大手の配信者さんのほとんどはBANを経験しているので安心してください。

また、一口にBANと言っても種類や期間はさまざまです。

この記事では、 ふわっちのBANの種類と対処法について詳しくまとめさせて頂きました。

1~2分もあれば読み終わるので、よろしければお付き合いください。

 

 


ADVERTISEMENT


 

BANになるとどうなるの?

BANはおすすめ規制やサムネ規制よりも更に重い処置ですよね。

ふわっちでBANになると、もちろん配信ができなくなりますし、 自分のプロフィールや他の方の配信も見れなくなるようです。

 

ちなみにふわっちでBANになると下のような表記をされるようですね。

 

BANになっていた場合は、運営から通知が送られているはずなのでお知らせを確認してみましょう。

通知でBANが解ける期間も記載されていますよ。

 

BANになったら最初にする事

BANになった原因に心当たりがない場合は運営に問い合わせてみましょう。

内容によってはBANを解除して貰えることもありますよ。

問い合わせはふわっちの公式サイト、もしくはアプリ内から行ってください。

規制の解除申請をTwitterのDMから行う方も居ますが、それでは返信されない可能性が高いです。

 

BANの期間は?

BANの期間は規制を受けた原因によって変わります。

今まで確認されているのは、 1日利用停止、2日利用停止、1週間利用停止、1ヵ月利用停止ですね。

最も重いものだと永久BANもあるようです。

 

BANについてはいろんな噂を聞きますが、期間を定める基準については明らかになっていません。

これは私の勝手な憶測なのですが、BANになる基準や期間は意図的にあいまいにされているのではないかと思います。

ここを明確にしてしまうと、大手さんでも違反行為が見つかれば同じように長期間BANにしないといけなくなりますから。

 

BAN中に配信に出るのは危険

BANは配信の謹慎です。

BAN中に別アカウントで配信をしたり、他枠の配信に出てしまうと 処分が重くなる可能性があるのでやめましょう。

これについては大手配信者の『しんやっちょ』さんと『金バエ』さんが検証しています。

 

配信アプリやアカウントなどは関係なく、ふわっちの配信に出演するだけで強制終了されてしまうようですね。

また、BAN中に別アカウントで配信を行うと永久BANになるとも言われています。

BANになった時は、規制が解除されるまでふわっち内で行動をしない方が良さそうです。

 

ただし、2週間、1ヵ月と配信する事ができないのは痛手になってしまう方も多いと思います。

そういった事態を避けるために、BANになった時に他配信サイトでも配信ができるよう、日ごろから告知している配信者さんもいますよ。

 

コメントBANになる事も

BANになるのは配信者さんだけではありません。

コメントする側も誹謗中傷などをする事により、コメントBANになってしまう事があります。

コメントBANになると、一定の期間コメントができなくなります。

 

ただし、配信自体は見ることができますし、別アカウントがある場合はそちらからコメントする事もできます。

配信ができなくなる アカウントBANよりは少し処置が軽いですね。

コメントBANは、アカウントBANと同じく一定期間経過する事で解けますよ。

こちらもBANになった際は運営から通知が来ますが、BANが解けるまでの期間は記載されていません。

 

コメントBANになった場合は、ふわっち内のお問合せから運営に連絡してみましょう。

また、誹謗中傷などをしておらず、巻き込まれ事故でコメントBANになる方もいます。

その場合は問い合わせれば解いてもらえる方が多いですよ。

 

また、誹謗中傷といえば、きつね枠で良く見られます。

『きつね枠ならセーフ』という風潮がありますが、きつね枠でも運営側からはアカウントが解ってしまうので、通報されればBANになってしまいます。

私の知人にきつね枠で枠主さんを誹謗中傷するコメントをした方がいるのですが、その方は後日運営から通知が来て2週間のコメントBANになっていました。

 

最後に

ふわっちに関わらず他の配信サイトでも、規約違反をした場合の処罰が厳しくなってきています。

BANになったとしても、問い合わせれば解除して貰える方はたくさんいるので、あきらめずに運営に問い合わせてみましょう。

また、巻き込まれ事故でBANになる場合もあるので注意してください。

コラボ枠を開いていたところコラボ者同士で喧嘩が起こり、枠主さんが処罰を受けてしまったケースもあります。

危なそうに感じたら一度枠を落としてしまうのも良いかもしれませんね。

BANは配信者、リスナーどちらにも起こりえることなので、 危険を感じたらなるべく回避しましょう。


ADVERTISEMENT


-ふわっち
-, , , , ,

Copyright© 配信サイトまとめブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.